あしのおもちゃ箱

ブロチューバ―あしの雑記ブログ

エバーテイル4日目がダイターン3(諸説)。

エバーテイル無課金プレイ4日目

2020年04月15日あしのゼクー

配信の最後に単発ガチャで初SSRキャラ獲得


【エバーテイル】無課金初心者4日目(オフラインストーリーモード)

 

前回の配信の続きである第4章の終盤から、ライブ配信でオフラインストーリーモードをプレイした。

ストーリーはあいかわらず、昔どこかで見たような王道ファンタジー的展開の繰返しで、なんだかむず痒い。

2020年04月15日あしのエバーテイルストーリー

4章山場。

モンスターが人間に化け蔓延っている騎士団からエルフたちを救うため、エルミナを連れて騎士団長のもとへ向かったが、騎士団長の正体は敵の将軍だったという急展開。

ストーリーの流れからは、あ、はい。という感じ。

ギュエル

戦闘シーン

4章のボス、ギュエル

戦闘では3体同時に現れるギュエル全員が、残り1人になると他のギュエルを2体出現させるスキルが使えるため、とても面倒。

先に適当な1体を倒してから、残りの2体を同時に倒さないと、戦闘が延々終わらない。

配信中には軽い初見殺しのような印象をうけたまま、余裕で2回の全滅を食らった。

このゲーム、辛い。

 

ガチャでキャラや武器が揃っていたり、オフライン以外のコンテンツできちんと戦力を上げていれば苦戦はしないのだろうが、個人的には今のところオフラインストーリーモードしか遊ばない予定なので、難易度がやや高めに感じている。

4章は少しレベル上げをしたら何とかクリアできたが、この先がとても不安だ。

 

5章では、先代勇者の友人であるエルフの魔術師に力を借り、魔王を討つための準備をする話だったが、主人公の父親が先代勇者であったことや、魔王は歴代勇者の力を取り込み代替わりするたびに強くなって甦ることや、魔族の跋扈に乗じて悪事を働いている人間が存在していることが明るみにでて、昔どこかで見たような急展開が連続して起こる。

強制イベントが多めなことに加え、一連のイベントで処理しろよと思える無駄にプレイヤーキャラを操作させるシーンなどが入り、冗長気味。

2020年04月15日あしのカレン

見た目は幼いが、それなりの年。エルフの魔術師カレン。

2020年04月15日あしのエバーテイルお気に利のシーン

まじかよw

それでも、ツッコミどころ満載のセリフ回しや展開が多すぎて、笑いが絶えない。

あえて悪く言うなら子供だましとも言えるが、穿った見方をするなら、世代年代を問わずに楽しめられるように工夫が凝らされたストーリーと言えるだろう。

大人なら、何か懐かしい気持ちになれるという意味で。

 

開発側は天才かなと思った。

 

配信は1~2時間程度で終わらせるつもりだったが、ストーリーが楽しすぎてどうしてもやめることが出来ず、結局予定時間を1時間超過し、5章をクリアするところまで一気に進めてしまった。

 

4章ではボス戦でかなり苦戦をしたが、5章は道中で一回全滅しただけで済み、配信の最後には単発ガチャで初のSSRキャラを引けたので、この先は少し楽になりそう。

2020年04月15日あしのゼクー

ガチャで出た人、ゼクー。強さは知らない。

手に入れたSSRキャラはゼクーという名前らしいが、見た目が完全に強モンスター。

次回以降の配信で活躍してくれるだろう。

楽しみだ。