あしのおもちゃ箱

ブロチューバ―あしの雑記ブログ

試製152mm三連装砲って強いの?

無課金アズレンプレイ日記120日目

2020年03月29日あしの試製152mm3連装砲

配信で話題にしたけど、よくわからなかったやつ。


【アズールレーン】あしの無課金アズレン!銀翼#5

 

ゲーム開始66日目か67日目に1つ目が作れた科学研究室産の装備、試製152mm三連装砲T0。

つい最近、ようやく2つ目が作れるようになっていた。

 

因みに、当時は間違って試作152mm三連装砲とブログに書いてしまっていた。

恥ずかしいが自戒の念を込めて、過去記事はそのままにしておこうと思う。

 

www.asi-in-the-box.work

自分の過去記事を読んでみて思ったが、どうやら当時は戦艦副砲としてしか認識していなかったようだ。

実際には、軽巡主砲としても使えるようだ。

 

因みに、1つ目の試製152mm三連装砲T0は過去記事の通り、初期から使っているお気に入りのキャラの一人、ロドニーに装備させている。

2020年03月29日あしのロドニーの装備。

現在のロドニーの装備。汎用パーツ下さい。

せっかく2つ目が作れるようになったという事で、この武器についてきちんと調べてみたが、どこを見ても最強の徹甲弾軽巡主砲と紹介されていた。

かなり強力なようだ。

今までは軽巡キャラには何も考えずに榴弾主砲を持たせがちだったので、ちょっと反省。

しかし、徹甲弾軽巡主砲って言うのは強いのだろうか?謎。

いくら試製152mm3連装砲T0が最強の徹甲弾軽巡主砲と言っても、そもそも軽巡艦には榴弾の方がはるかに強いという事になれば、最強の~~と言われてもたかが知れてくる。

その辺をきちんと理解し、せっかく作れるようになった強力な武器を無駄にしないためにも、自分用にまとめておきたい。

 

徹甲弾は榴弾と違い敵を炎上させることが出来ず、さらに軽装甲の相手に対してダメージが通りにくい。

その代わり、戦艦や中枢艦、エリート艦などに多い(?)重装甲の相手に高いダメージを与えられる。

また、貫通能力があるので、複数の敵が出るステージではまとめて敵を倒すのに役に立つようだ。

 

榴弾軽巡主砲と言えば、強い武器としてよく名前があがるベル砲こと155mm3連装砲T3があり、さらにそれより強い科学研究室産の装備として、試作型三連装152mm両用砲mk17というのもあるが、結局、徹甲弾と榴弾のどっちがいいかは出撃する場所による模様。

ただ、試製152mm三連装砲T0の方がわずかだが、速度が速いので全弾発射スキルとは相性が良さそう。

それと、重装甲の敵が多く出るところでは、試製152mm三連装砲T0が強そうだと思った。

 

正直、敵の装甲とかはきちんと調べた事がないのでよくわかっていないが、イベントSP海域とか、ノーマル海域11章とかは、敵が硬く感じているので、徹甲弾の装備を使った方がいいのではないだろうか。よくわからない。

今度時間のある時にきちんと敵の装甲について調べておこうと思う。

 

なんにせよ、武器の強化パーツはいつも不足しているので、試製152mm三連装砲T0ももしばらくは放置するしかない。

いつかきちんと強化して、ステージに合わせて使い分けられるようになりたいと思った。

   

 

ゲームの方は、相変わらずのダラダラデイリー消化配信と、おまけのイベント周回を少しやっているだけで、1日2~3時間程度の軽めのプレイ。

イベ後半マップ解禁後に頑張ってSP海域まで進めた後は、あまり根詰めず、のんびりプレイ出来るようになった。

イベント補給で欲しいものは何かと聞かれても、SSRネコハコとパーツくらいかなあと、とても低い目標ととても低い物欲。

イベント補給で交換できるキャラ達が、そこまで好みキャラではなかったのでしょうがない。

北海イベントでは、金装備やチャパエフ欲しさにがっつり周回したが、今回はそこまで力が湧いてこない感じだ。

出来れば潜水魚雷の金設計図は沢山欲しいが、よく考えれば無理にこのイベントだけで集めきる必要もないし、ゲームを長く続ければ、毎週の通商破壊でその内揃うだろうし、なんなら追尾機能付きの音響魚雷のほうが欲しいやつだしという事で、あまりやる気は無くなってしまった。

 

それでもアズレンはライブ配信自体が楽しいので、ゲームも配信も無理なく続けられるよう、控えめなペースでだらだらやっていきたい。

最近の配信中のマイブームは、「我ノットゴリラ。」「産まれたてのゴリラです。うほうほ。」だ。

謎。