無料スマホゲー紹介 あしのおもちゃ箱

ブロチューバ―あしの無料スマホゲー置き場

STAAGを優先して装備させるキャラ。

無課金アズレンプレイ日記88、89日目

2020年02月26日あしのSSRオフニャ

熟練参謀・ユニオン持ちのジャスティスが当たった。まあまあ。


あしの無課金アズレン!デイリー消化2020年2月26日

 

配信外では委託をやる程度で全然プレイしていないため、特にブログに書いておくこともないのだが、強いていうなら、先日のログボでSSRネコハコを貰い、訓練の結果熟練参謀・ユニオンを最初から覚えているジャスティスが当たった。

強いオフニャのアビリティと言えば、与ダメアップの虹アビリティである「侵掠すること火の如く」と被ダメ軽減の虹アビリティ「動かざること山の如し」で、それ以外は別に誤差のレベルなのでどうでもよいという風潮のようだが、個人的には陣営バフ持ちは嬉しいところ。

もともと使っていたジャスティスは、火も山ももちろん、陣営バフも含めろくなアビリティがなかったので、今回新しく手に入ったジャスティスに入れ替えてレベル上げをしていく事にした。

ヨークタウンやエンタープライズ、ヴェスタルのような前から気に入っている艦のほかにも、最近使い始めたサウスダコタやポートランドもユニオン艦なので、熟練参謀・ユニオンの恩恵は少なくない。

2020年02月26日あしの通常海域

10-4を1回クリア。だいぶしんどい。

通常海域は、今日の深夜の配信中にようやく10-3の星埋めが終わり、10-4を一回クリアしたところ。

ずっと自律戦闘でプレイしているが周回はかなりきつくなっていて、レベルのカンストしているヨークタウンを引っ張り出し、潜水艦もフルメンバーでガンガン出撃し、燃料の事など気にせずプレイしないと、とてもクリア出来ない感じになっている。

 

2020年02月26日あしの10-4編成

現在10-4で使っているメンバー。もう育成枠や低燃費は無理。

装備の強化はまだ全然終わっていないので、まだ伸びしろはあると言えるが、パーツが集まるペースを考えると、11章に挑めるようになるのはまだ先になりそう。

最低でも10-4を安全海域にしてから、星3埋めが出来るようになるまでは周回し、あとは状況に応じてレベリング∔パーツ集め+10-4限定ドロップ艦神通狙いで追加の周回をしていこうと思っている。

11章以降もオートでしかプレイする気はないので、ここでじっくり力をつけておきたい。

 

   

 11章以降もオートで、かつ自分の好きなキャラだけで攻略していきたいと思っているが、それはもう一種の縛りプレイみたいになっていてしんどいので、その分、今まであまり気にしていなかった装備には気を使っていく事にした。

例えば、個人的に可愛がり優先度が高い為、良い装備を真っ先に回していたローンの対空砲STAAG。

2020年02月26日あしのSTAAG

優先可愛がりキャラ、ローンの対空砲。

科学研究室産の最強対空砲であるこの連装ボフォース40mm機関砲STAAGは、適当に好きなキャラに装備させるよりも、戦艦に装備させた方が良いようだ。

このSTAAGは特別な装備であり、対空砲としての高いスペックに加え、命中+10という特別なステータス補正が付いてくる。

この命中の補正と「対空砲は艦隊全体の対空砲を参照し射程や攻速が決まる」という特別な仕様から、好きなキャラにつけるよりも、より命中の補正を活かせる艦、つまり戦艦につけて運用するのが一番効果的らしい。

 

アズールレーンの各キャラには、マスクデータとして命中というステータスが用意されていて、攻撃が回避されるか(=missとなるかどうか)の計算に用いられている模様。

そして、戦艦系のキャラは主砲の攻撃力が高めの分、命中のステータスは軒並み低めに設定されており、その他の艦種に比べ、50%~75%程度に設定されていることが多いようだ。

攻撃力は高めだが元の命中が低くいキャラと、攻撃力は低めだが元の命中が高いキャラでは、より命中+10の補正を活かせるのは前者になるだろう。

つまり、攻撃力が高く命中の低い戦艦系のキャラが、STAAGの命中補正+10の恩恵を最も効果的に活かすことができる。

対空砲としては前衛に装備させようが主力に装備させようが、艦隊全員分の対空砲を参照して計算されているため誰につけても同じ艦隊内にいるなら変化はない。

私の編成なら、ローンに装備させるよりもフッドに装備させた方が良いことになる。

 

こういう細かい部分を今まではあまり気にせずにやってきたが、好きなキャラを使うという事と、オートプレイでしかやらないという自分のプレイスタイルを守るため、装備の方は頑張っていこう。

 

いつも色々教えてくれるベテラン指揮官様どうもありがとう。これからもよろしくお願いします。